ブログ

【夫婦円満】パートナーに愛される秘技〜女性編〜

円満離婚

こんにちは。リボーンコンシェルジュ円満離婚アドバイザーの飯野馨己です。

今回のテーマは「パートナーに愛されるためにはどうすればいいの?女性編」をお送りします。

まず最初に「あなたはお母さんになっていませんか?」
例えば、「会社であなたもっとこうすればいいんじゃないの?」とか「上司に対してもっとこんなふうにやった方がいいじゃないの?」などとアドバイスをしたり、口で言うよりこちらでやった方が早いと身の回りのことの世話を焼いてしまっていませんか?
そうするとどうなるか…夫はあなたのことを妻というよりも母親の様な感覚になっていってしまうですね。男性は女性を喜ばせたい、喜んでもらうと嬉しいと思う性質があり、またプライドが高く、いつも承認されたい褒められたいと思っています。なので、ここは母親になるのではなく、むしろ甘え上手になる、また、褒め上手になる、このようになると、男性はうれしく思うので、自然とまた女性として愛され、女性として扱われるようになっていくと思います。

具体的な例として、 洗い物を旦那さまにしてほしい時、あなたはどのように伝えていますか?「ねえ、洗い物してよ!」なんていっていませんか?そうすると旦那様からすると、やらされている感満載ですし、自分がやって喜んでもらおうと思わなくなってしまうんですね。では、どうすればいいでしょう?
「洗い物をしてくれたら嬉しいなぁ♡」という感じで「嬉しいなぁ♡」をつけるんです。そうすると男性は「あっ喜んでもらえるんだ。」という風に思うんですね。そしてやってもらった後には「もう、すっごい良かった!嬉しい!ありがとう!ほんと助かったよ!!」とお礼を言って、必要以上に喜んで伝えるというのがすごく大事です。そうすると「こんなに喜んでくれた!またやってあげよう!!」と思ってもらえます。

また、会社のこととか態度とか、旦那さまにもうちょっとこうすればよいのにということを伝えたいとします。今までだったら「あなたのそういう所は良くないからこういう風にした方がいいんじゃない?」などと伝えていたかもしれませんが、そうではなく、「あなたのこういうところが素敵よね!でもこういう風にしたらもっと素敵なんじゃない?」とか「そこをこういう風にしたら、私尊敬しちゃうわぁ!」というように最終的に持ち上げる形で男性に伝えた方が喜んでもらえるかなと思います。

<まとめ>
夫に愛されるためには…
甘え上手になる
褒め上手になる

この2つを是非試してみてください。

PAGE TOP